Photo : Satoshi Shigeta  









                大塚のサービスアパートメント  Ⅱ 


築40年のビル一棟をフルリノベーションし、アジア人留学生向けサービスアパートメントへとリニューアルする計画。

経年変化の感じられるコンクリートの構造体は現し、そのなかに温かみのある光、素地の木材をそえることで再生させた。

共用スペースと個室を区切る木板の壁の延長上に扉を並べており、その扉を開けると外からの自然光が溢れ出てくる。

天井あらわしの際、露出した設備配管が張り巡らされるが、その配管の扱い方を考えた。既存躯体の梁スリーブに着目し、
配線ルートを検証し、設備用モールを取り付けることで設備配管を構造体の梁のような表現として扱っている。
天井を走る配線モール上から家具のレイアウトに応じて照明を配置した。

設備配管は構造体の梁のように見立てた表現とすることで、天井面を統一感の感じられる仕上げとなるよう意図した。



This project is renewal the entire building to a serviced apartment of Asian international students.This building is built 40 years ago.

Structure of concrete to be felt of aging is not hiding.Interior space is filled with a soft light , served the base material of the timber.

The wall that separates the common space and private space is a plywood base material.Door that is aligned with the wall

has created a sense of unity as a facial expression, such as the wall. The time you open the door, sunlight from the outside

 to enter the common space.In the case where not attach the ceiling, Exposed piping equipment is spread around on the ceiling.

This ceiling was to devise a way of wiring the piping equipment.Focusing on the beam sleeve existing precursor,

To verify the wiring routes, dealing with equipment piping by installing the equipment for the mall as a

representation, such as the structural beam.

Placing the illumination light from on the wiring mall running the ceiling depending on the layout of thefurniture.

Piping is to be a representation that was regarded as the structural beam, was intended to be a finish 

that felt sense of unity the ceiling surface.



設 計 監 理     西谷隆建築計画事務所   

施        工       ファインアーツ 

メ デ ィ ア     archdaily         

                         Leibal

                             Dwel
       
         AECcafe